リコピンリコピンリコピン

リコピンの個人輸入代行 リコピンリコピンの個人輸入代行承ります

リコピン (視覚障害・動脈硬化)目の疲労・老化現象に。
目の潤いと網膜保護にお役立てください。
目の乾燥/目の病気/視覚障害に

リコピン (Lycopene)
健康サポート・サプリメント 



リコピン (Lycopene) 動脈硬化、シミしわの予防、ガンの予防、老化による視覚障害など多岐にわたる効果が期待できます。カロチンの2倍、ビタミンEのなんと100倍 
Lycopene15 mg.
60 Softgels, 120 Softgels

リコピンには、この活性酸素を弱め、消去する働きがあり、悪影響から体を守ると共に、お肌のシミ・シワをも防ぎます動脈硬化、シミしわの予防、ガンの予防、老化による視覚障害など多岐にわたる効果が期待できます。視覚障害はルティンとの相互作用により、効果倍増。 さらにリコピンには、血液の浄化に役立つ抗酸化作用があると明らかになり、カロチンの2倍、ビタミンEのなんと100倍もの強い作用があるとわかったのです。



アメリカの国立ガン研究所では1週間にトマトソースを含んだ食事(リコピンを含んだ食事)を通常の2倍摂取することで前立腺ガンの危険性をかなり低めることが可能だと発表しています。白血球を活性酸素から保護するリコピンの免疫サポート力についても発表しています。

60 Softgels, 120 Softgels リコピンソフトジェルカプセル
Source natural
1 capsule
Lycopene 15 mg.
1回1 カプセルを1日1〜2回を目安に、 お水またはお茶などでお飲み下さい。
* 他の健康食品(ビタミン類等)と併用されても問題ありません。
お子様の手の届かないところに保管してください。涼しく乾燥した場所に保管してください。
*直射日光・ライトなどを避け、涼しい場所に保存して下さい。  




価格についてもこちらをご覧下さい。



リコピン (Lycopene)トマトが赤くなると医者が青くなる」と昔からいわれるように、真っ赤なトマトの実の中には驚くべき効果がいぱいなのです。血液中のリコピン濃度が高い人ほど癌や動脈硬化、ストレス障害、成人病等の健康予防に効果があると判明し、注目されだしました。特に癌予防では、細胞の癌化を防ぐ役割を持つ遺伝子を、活性化させる機能があると言われております。

トマトや野菜に多量に含まれる色素はすでに600種類以上が発見されています。
そのなかでも最近、リコピン(lycopene)が注目されています。抗酸化活性はβカロチンをしのぎ、ガンの発症リスクを減らせる可能性が最近の米国の研究で明らかになっている。リコピンの消費が多いほど、男性が前立腺ガンで死亡するリスクは少なくなる。では実際に、リコピンを積極的に摂取することでガンの発症を予防することができるだろうか  ガン予防効果の有無を確認する研究が現在、世界で進行中。我が国でもサプリメントとしてリコピンの開発を進める企業と四国がんセンターが共同で肝臓ガンの発症リスクを減らす効果を調べています。



トップページへ サプリメント 1   IQサプリメント パワーサプリメント 美容・ダイエット OBAGI Natura Bisse
お問い合わせ      美容・歯科漂白 スポーツ サプリ Skin Ceutical Cellex-C Glyderm(ICN)
アロマセラピー 医療用きのこ アミノ サプリ CoQ10 Dr..Perricone Z. Bigatti




リコピンと皮膚:リコピンは、摂取すると眼や心臓、肌、また乳房や子宮頸部の健康を維持できると研究は示しています。また、これらの知見をさらに掘り下げるため、多くの大学・研究機関でルテインの研究が行われています。リコピンとβ-カロテンが長波長紫外線(UVA)のダメージから効果的に細胞を守る可能性を論証しています。リコピンと心臓:リコピンは「善玉」コレステロールである高密度リポ蛋白質(HDL)に含まれており、低密度リポ蛋白質(LDL)コレステロールの酸化を防ぐと考えられています。Circulation における1994年の研究では、フランス人に心疾患率が低い原因のひとつにホウレンソウなどリコピン含有量が多い食品の摂取が挙げられています。


 深海ザメ肝油 フリクサナーゼ 鼻孔スプレー アンチオキシダント ルティンLUTEIN エスターC(ビタミンC) ギンコ ビローバ ビ−ポ−レン(BEE POLLEN) ギンコ ・プラス  コロストラム コレステロール ディア ベルベット鹿の角芽(ベルベット) エキナシア  メール・プロステート メール・ビリリティー男性精力剤 オメガ3 セレニウム ACE オリビラルOliviral ソーパルメット(ノコギリヤシ=実の油) サメの軟骨 shark cartilage セントジョンズワート (オトギリ草) スーパー マルチビタミン ミネラル ウイルス・プロテクション  ウーマンズ マルチビタミン キョ−ド フィルス  アシド フィルス  Omega 3 Oil + ビタミンE オメガ 3 フィッシュオイル ビーハイブ プロポリス カプセル メンズ マルチビタミン オーガニック ジンク(亜鉛) オーガニック・マルチ ミネラル総合ミネラル ベロッカBerocca クランベリー ニコレット・マイクロタブ禁煙 スーパー ナチュラル ビタミンC オレンジ 亜鉛・マグネシウム・B6 カルシウム・マグネシウム リジンL-LYSINE イブニングプリムロ−ズ月見草オイル 葉酸 FOLIC ACID  セントジョーンズウォート + チロシン ミルクシスル(オオアザミ) メノプロ ( レッドクローバー) ビルベリー目の疲労にNutra-Vision ビルベリー Maxi-B ビタミンB群 スピルリナ  ビルベリー ・アイブライトBilberry EyeBright リバ−ガ−ド ジョイント フード マトリックス  generic_info pharma_name











ルテインとは?・ルテインとは強い抗酸化作用を持つカロテノイドの一種で、ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜に多く含まれる成分です。人間の体内器官や皮膚にも存在し、乳房や子宮頚部に多く存在することが知られています。特に眼の水晶体と黄斑部に存在する主要なカロチノイドルティンとゼアキサンチンであるため、これらの部位が正常に機能するために重要な働きを果たしています。水晶体・黄斑部のルテインの量が少なくなると、白内障・加齢黄斑変性症(AMD)といった眼病の一要因になることも確かめられています。身体のその他の部位の健康を維持する作用を解明するための研究も近年増加の傾向にあります。ルテインとゼアキサンチンはよく似た性質を持つ成分(異性体:同じ分子式をもちながら、異なった物理的・化学的性質をもつ化合物。分子内における原子の配列の仕方が異なるために起こる)ですが、抗酸化剤としての製品への利用を考えるとき、ルテイン利用のケースがゼアキサンチン利用を大幅に上回ります。ルテインが代謝されるとゼアキサンチンになりますが、ゼアキサンチンからルテインには代謝されず、「ルテインあるところにはわずか数パーセントのゼアキサンチンが存在する」ということがわかっています。したがって、当情報局では、特にルテインとゼアキサンチンを併記する必要がないと判断した場合、単に「ルテイン」とのみ記しております。 ルテインは、光そのものを遮る役割があります。また、光の一部が細胞に達してしまい、細胞が光による酸化ダメージを受ける危険性が生じた場合でも、抗酸化作用によってこれを防止します。すなわち、ルテインは遮光および抗酸化によって、「光防御における二重ブロック」を行っています。しかしながら、ルテインの光防御はこれだけにとどまりません。ルテインは青い光を吸収するという性質を持っています。日常的に高エネルギーの青い光にさらされていることになります。特に眼は、外界に対してむきだしの臓器ですから、青い光からのダメージを直接受けることになります。※水晶体と黄斑部にはルテイン・ゼアキサンチンしか存在しないルテイン不足は眼疾患につながる。外界からの光を受けとめるレンズの働きをしている水晶体、その真後ろ、網膜の中心部に位置する黄斑部は、視覚機能にとってきわめて重要な役割を果たしています。これら部分にはカロテノイドのうち、ルテイン・ゼアキサンチンしか存在していません。ルテイン・ゼアキサンチンが、光による酸化ダメージから水晶体と黄斑部を守っているのです。では、もしも水晶体と黄斑部にルテイン・ゼアキサンチンが不足したらどうなるでしょうか?水晶体においては白内障・黄斑部においては加齢黄斑変性症といった眼疾患リスクにつながることが実証されています。加齢黄斑変性(AMD)は、年齢とともに物が歪んで見え、最後には失明の可能性がある恐ろしい眼疾患です。欧米では失明原因の上位にランクされ、日本でも近年急増しています。また、白内障などの眼病は長期にわたって進行するため、予防が重要になります。60〜70歳代でAMDと診断されるまでに、20年以上も病気を患っていた可能性があります。ルテインとゼアキサンチンは、健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める働きがあります。そのため、ルテインやゼアキサンチンが含まれる果物や野菜を多量に食べると白内障の発病率が非常に低くなることがわかっています。また、黄斑色素濃度は眼球水晶体の透明度に関係しています。研究によって、ルテインなどの食品カロテノイドがさまざまな形で視力を改善することがわかっています。ルテインとゼアキサンチンは、健康な黄斑と網膜のための大切な要因である黄斑色素濃度を高める働きがあります。そのため、ルテインやゼアキサンチンが含まれる果物や野菜を多量に食べると白内障の発病率が非常に低くなることがわかっています。また、黄斑色素濃度は眼球水晶体の透明度に関係しています。ルテインとゼアキサンチンは網膜に存在する主な抗酸化物質であるとの研究結果が出ています。黄斑は水晶体の真後ろ、網膜の中心部に位置します。おびただしい数の細胞で形成されるごく小さな部分で、読書したり物体をはっきりと見るために必要な高解像度視力を生みだす助けとなります。黄斑色素が網膜を守ると考えられ、眼の健康状態は黄斑色素濃度によって測られてきました。AMDに罹患している人は、そうでない人と比べ黄斑部のルテインレベルが低値です。黄斑色素には食餌からのルテイン摂取が必要と考えられています。ルテインのサプリメンテーションは、血清中のレベルと黄斑色素密度を上昇させました。ヒトの代謝がルテインを適切な量のゼアキサンチンに転換させることから、ルテインはルテインとゼアキサンチン両方を得るために重要なカロテノイドとされています。ルテインのサプリメンテーションは、血清中のレベルと黄斑色素密度を上昇させました。ルテインは有害な青色光を阻止することにより網膜を保護しています。ルテインは網膜細胞の酸化損傷の増加を抑制します。ルテインは有害な青色光を阻止することにより網膜を保護しています。ルテインとゼアキサンチンが豊富な食餌はAMD患者の視覚機能を改善します。1日約6mgのルテインを含有する食餌の摂取がAMD発症を57%低下させたことから、AMD罹患リスクを低減させるためにルテインが豊富な食餌が推奨されるようになりました。抗酸化物質はAMDの進行を遅延させるため、既にAMDが発生している患者でも摂取量を増やすことが奨励されています。ルテイン及びルテイン+抗酸化剤の処理群における黄斑色素光学密度(MPOD)の平均値は、両群ともプラセボ群と比べ50%増加しました。両ルテイン処理群は、遠見視力・近見視力、グレア(眩視)回復機能(GR)、コントラスト感度(CSF)を含む複数の視機能測定においてプラセボ群と比べ統計学上有意な改善が認められました。交叉試験、二重盲検交叉試験及び処理前後の映像診断は、客観的所見でみられた改善と一致しました。ルテインとゼアキサンチンのみが水晶体に蓄積するカロテノイドで、またこれらは別の幾つかの眼組織にも存在しますが、その濃度は、他のカロテノイド濃度よりはるかに高いことが明らかにされています。ルテインとその酸化代謝物は、水晶体をはじめとする他の幾つかの眼組織に、他のカロテノイドをはるかに上回るレベルで特異的に蓄積することが明らかになりました。生体内のルテインレベル上昇は、水晶体の不透明度低下と関連しています。ルテインゼアキサンチンを豊富に含む食餌は、白内障の発生リスクを軽減することができます。体内のルテイン濃度の上昇は、水晶体の光学密度の低下および白内障のリスク減少と関連しています。ルテインとゼアキサンチンは核性白内障の発生に対して保護的な作用を及ぼします。ルテインが豊富な食餌の摂取は白内障の発生を遅延させます。

ルテインと皮膚:ルテインは、摂取すると眼や心臓、肌、また乳房や子宮頸部の健康を維持できると研究は示しています。また、これらの知見をさらに掘り下げるため、多くの大学・研究機関でルテインの研究が行われています。ルテインとβ-カロテンが長波長紫外線(UVA)のダメージから効果的に細胞を守る可能性を論証しています。ルテインと心臓:ルテインは「善玉」コレステロールである高密度リポ蛋白質(HDL)に含まれており、低密度リポ蛋白質(LDL)コレステロールの酸化を防ぐと考えられています。Circulation における1994年の研究では、フランス人に心疾患率が低い原因のひとつにホウレンソウなどルテイン含有量が多い食品の摂取が挙げられています。