美白製品のエルドキン・クリーム:ハイドロキノン4%配合の美白クリームです。

しみ,色素沈着にハイドロキノン4%のエルドクイン Eldoquin Cream

エルドキン・クリーム
Eldoquin Forte Cream

シミ・色素沈着が気になる方に!

シミの原因
シミは過剰に造られたメラニン色素が主に表皮に沈着したもので、放っておくと庭の雑草のように、どんどん大きくなってしまいます。
シミやホクロがあると、実際の年よりも年取って見えたり、暗い性格のように見えたりします。

エルドキン・クリームシミ・色素沈着の軽減、改善薬として高く評価されています。

Eldoquin Forte Cream 2%
シミ、ソバカス・・・・
できてしまったらどうする?



 シミやソバカスは出来てしまったらすぐに消えてくれません。また、すでにあるシミは紫外線にあたることによって大きく広がっていくからやっかいです。まずは、シミがこれ以上広がらないように紫外線からお肌を守ってあげることが一番重要です。
ビタミンAはダメージを受けたお肌を修復するのに役立ちます。
エルドキン・クリームはカイネレースでおなじみの米国ICN社製の商品です。
肌を漂白する作用があるハイドロキノンを主成分とし深刻なシミや色素沈着に用いられています。
エルドキン・クリームは、肌の老化やダメージなど見た目の気になる部分にお使いいただけます。
シミ、ソバカスを消し、荒れた肌を美しくします。
28g
ICN PHARMACEUTICALS, INC. 社
Eldoquin Forte Cream 2%(成分HYDROQUINONE)
肌を漂白する作用があるハイドロキノンを主成分とし
深刻なシミや色素沈着の治療に用いられています。

エルドキン・クリームを指先につけ、やさしく塗ってください。エルドキン・クリームを顔や首に、ポツポツ付け、完全に塗り込んでください。 1日2回(朝晩)これを繰り返します。
ソラキン・クリームを指先につけ、やさしく塗ってください。ソラキン・クリームを顔や首に、ポツポツ付け、完全に塗り込んでください。 1日2回(朝晩)これを繰り返します。
※お肌の弱い方は、必ず腕の裏などに塗り、お肌に合うかどうかを試してからご使用下さい。


ハイドロキノンについて
ハイドロキノンは別名”肌の漂白剤”とも呼ばれる成分で、その美白作用はアルブチンの100倍以上と言われています。 日本ではこの成分は医薬成分のため医師の診察を受ける必要がありますが、欧米諸国では2%までは化粧品として使用されています。(4%以上は医薬品扱い)


* 皮膚科や外科にかかっている場合はその専門医に相談してください。

ご使用後は、日差しの強い場所を避けるか、日焼け止めクリームを使用されることをお奨めします。

* お子様の手の届かない所に保存下さい。  
* 直射日光・ライトなどを避け、涼しい場所に保存して下さい。
室温にて保管ください。
推奨品
Eldoquin Forte Cream  シミや色素沈着用クリーム ICN Pharmaceuticals 社

ハイドロキノンの美白効果はコウジ酸やアルブチンの100倍とも言われ。
資生堂が開発に10年近く費やしたアルブチンも構造上はハイドロキノンの仲間です。

価格についてもこちらをご覧下さい。

新安定型ハイドロキノン ハイドロクィノン(安定型)4%配合の美白クリーム
ヒドロキノン,ソラキン,ソラクイン,ソラクインクリーム,ソラキンクリーム,Solaquin Forte Cream ,色素沈着,ハイドロキノン,ヒドロキノン,スキンケア,しみ,そばかす,ソラクィン,Solaquin Forte Cream,SOLAQUIN,ソラクインクリーム,ソラクイン,ソラキンクリーム,ソラキン,ヒドロキノン,色素沈着,ヒドロキノン,ハイドロキノン,スキンケア,しみ,そばかす,HYDROQUINONE,ハイドロキノン,ヒドロキノン,ハイドロクイノン,エルドクインクリーム,スキンケア,しみ,そばかす,アンチエイジング,エルドキン,エルドクイン,eldoquin,エルドクインクリーム,エルドキンクリーム,eldoquin Forte Cream,ソラクインクリーム,色素沈着,



トップページへ サプリメント 1   IQサプリメント パワーサプリメント 美容・ダイエット OBAGI Natura Bisse
お問い合わせ      美容・歯科漂白 スポーツ サプリ Skin Ceutical Cellex-C Glyderm(ICN)
アロマセラピー 医療用きのこ アミノ サプリ CoQ10 Dr..Perricone Z. Bigatti





美容・美白
美白のソラキン・クリーム 美白のエルドキン・クリーム レノバクリーム レティノバ・クリーム レチンAのピーリング効果トレチノイン のレチン−A 
美白のハイドロキノン・クリーム 美白のユークロマ・クリーム AretHC美白クリーム カイネレース 美白のプリベージ 
ヒアルロン酸溶液 + HGH ラストラ 
スキンシューティカルズ OLAY・オーレイ ナチュラ ビセ Dr.ペリコン Z. ビガッティ グライダーム(カイネレース) ドクター ブラント スキンケア
ジェイソン-ビタミンC処方 オールメイのカイネチン植物性ホルモン 

オバジ−ジェントル クレンザー オバジ エクスフォダーム オバジ フォーミング ジェル オバジ ブレンダー オバジ トナー オバジ サンフェダー 
オバジ クリアー オバジ トレチノイン オバジ アクション オバジ−C 10 オバジ サンブロック アイクリーム&ジェル オバジ スキン プロテクション オバジKObagi-Kカイネチン オバジ認定トレチノインクリーム0.05%  オバジ認定トレチノインクリーム0.1% OBAGI ハーフセット(オバジトラベルセット)   



【美白】ハイドロキノン【漂白】安定型ハイドロキノン



【美白】ハイドロキノン【漂白】 ハイドロキノンでしみ取りガイドでは、しみとりや美白効果があるハイドロキノンの情報についてお知らせします。シミ取りや美白成分としてはハイドロキノンやトレチノイン酸があり、化粧品・化粧水・石鹸・化粧クリーム・美容液・軟膏などにも含まれています。ハイドロキノンは4%・5%・10%など、クリームに配合されている含有率によりその効果が違い、副作用の危険性もあるので、病院皮膚科や美容整形外科でのシミ治療における利用をしたいものです。  
ブライトニング成分として注目のハイドロキノンですが、実は酸素や光に対して不安定という弱点を持っていました。アンプルールの「新安定型ハイドロキノン」はハイドロキノンをBCDACというガードする役目の成分で取り囲み、安定化させることでその弱点を解決させました。従来のハイドロキノンより酸化しにくく、湿度や熱にも耐性力があり、肌にも刺激感のない、優しい成分です。 ホワイトシリーズでは、気になる部分にアプローチする注目のブライトニング成分「新安定型ハイドロキノン*」を、クレンジングからスペシャルケアのフェイシャルマスクまでトータルに配合。また、保湿・ブライトニング・エイジングケアの3方向からアプローチをする、アンプルール独自の有効成分「トリプルエフェクト」を配合。1つの悩みに偏らず、あらゆる悩みに働きかけ透明感のある素肌へ導きます。※日中用のUVケア製品には含まれません。 新安定型ハイドロキノン ハイドロクィノン(安定型)4%配合の美白クリーム/軟膏。ハイドロキノンは、強力にメラニンを白くする成分で、既に存在するしみ・そばかすの原因であるメラニンの生成を抑制し、メラニン色素の少ない均一な肌色にする働きがあります。日本では美白成分としてビタミンCやコウジ酸がよく使用され、ハイドロキノンは皮膚科でのみ処方が許可されていましたが、平成12年厚生省の化粧品規制緩和に伴い、化粧品にもハイドロキノンを使用できるようになり、最近ますます注目を集めています! ■ハイドロキノンについて 欧米で美白と言えばハイドロキノンが主流で、「肌の漂白剤」と言われる程、強力な美白作用を持つことで知られています。皮膚科ではシミの治療に、レチノイン酸とハイドロキノンが使用される事からもわかるように、 トレチノインとハイドロキノンの併用により、メラニンの生成を更に強力に抑える事ができます。 朝晩お肌の気になる部分にお使い下さい。※必ず少量を薄く伸ばして下さい。 吹出物など、お肌が荒れている個所へはグライクインXMを使用しないで下さい。 ご使用前にパッチテスト(肌の一部に塗って1日様子を見る)を行って赤味等の異常がないことを確認して下さい。 ハイドロキノン(安定型)4%配合の美白クリーム/軟膏。ハイドロキノンは、強力にメラニンを白くする成分で、既に存在するしみ・そばかすの原因であるメラニンの生成を抑制し、メラニン色素の少ない均一な肌色にする働きがあります。日本では美白成分としてビタミンCやコウジ酸がよく使用され、ハイドロキノンは皮膚科でのみ処方が許可されていましたが、平成12年厚生省の化粧品規制緩和に伴い、化粧品にもハイドロキノンを使用できるようになり、最近ますます注目を集めています!安定型ハイドロキノンとは、どのようなモノなのでしょうか。ハイドロキノとは、シミの原因であるメラニン生成の際に働くチロシナーゼの活性を抑える効果が、一般的な美白成分に比べ約100倍の効果があると言われています。 さらに、過剰に増加してしまったメラニン色素も還元作用により、薄くする働きがあるので、まさに最強の成分と言えます。しかし、その高い美白効果の反面、酸素や光に対して不安定であること等の理由により2001年の薬事法改正まで、日本では医師の処方箋が必要でした。 また、その強力な効果ゆえに、酸化しやすいなどの不安定な要素が確認されていました。安定型ハイドロキノンとは、従来のハイドロキノンと、それを安定させる物質を合成させてできた新型の成分なのです。 新安定型ハイドロキノンは、従来のハイドロキノンの美白効果は保ちながら、従来のハイドロキノンより酸化しにくくなり、湿度や熱などにも耐性が出来たことがあげられます。

ハイドロキノン しみの原因であるメラニン色素を作らせなくする漂白剤です。美白ハイドロキノンはメラニン色素を合成する酵素の働きを弱め、さらにメラニン色素を作る細胞(メラノサイト)の数を少なくする作用があります。現在あるシミを薄くし、更に、しみを予防する働きがあります。美白ハイドロキノンが、メラニンを作り出す細胞であるメラノサイトに働きかけるとメラニンの生成が抑えられます。トレチノインやAHAと併用することで、ブレンディング効果、つまり、メラニンの分布を均一にし、色むらを目立たなくする作用があります。しみの治療としては、トレチノインでメラニン色素を外に押し出し、美白ハイドロキノンで新しいメラニン色素をつくるのを防ぐのが効果的です。漂白ハイドロキノン単独でなく、トレチノインとの併用をお奨めします。市販されている、いわゆる美白化粧品は、このハイドロキノンに比べて成分の作用が非常に弱いものです。トレチノイン、漂白ハイドロキノンと一緒に使用することにより美白の相乗効果が得られるため、お奨めいたします。ビタミンCローションは場合によっては少ししみる方もいらっしゃいますが、アレルギーなどの副作用がまったくないものです。ビタミンCは直接肌に塗っても浸透しないのですが、当院でご紹介しているものはビタミンCの誘導体という形なので、効果があります。統合的な治療をお奨めいたします。トレチノインは、強力な作用のある薬剤のため、使用すると反応性の皮膚炎が起こります。皮膚が赤くなったり、ぽろぽろと角質が取れてきますが、これは、薬かぶれなどのアレルギー反応ではなく、むしろこうした反応が出ていれば、トレチノインの効果が出ていると考えられます。適度な範囲であればまったく心配ありません。皮は無理にむかずに自然にはがれるのを待ってください。治療を開始して1週間たってもまったく赤くならない場合は、薬の成分が作用していない可能性があります。ご相談ください。肌の角質をとるトレチノイン治療をしているときには、漂白ハイドロキノンはしみるためヒリヒリしたり皮膚が赤くなったりすることがあります。刺激が強い場合は、トレチノインを一時休んで、ハイドロキノンだけを使用してください。痛みが強すぎる、血がにじんでくる、ひどくしみる、赤くなりすぎるなどの症状が出た場合は、トレチノインを中止して、診察をお受けください。(漂白ハイドロキノンは、使用していて大丈夫です。)しみの種類によって、有効なものとあまり有効でないものがあります。(有効なもの) 老人性色素斑・・30歳代以降、出現してくる、比較的濃い茶色の輪郭のはっきりしたしみ。 最もよく見られるしみです。  炎症性色素沈着・・傷、やけどなどの炎症のあとにできるしみ。(有効だが時間がかかるもの)  そばかす、茶色いほくろ  扁平母斑・・生まれつき、もしくは思春期に発生するしみ。薄い茶色から、かなり濃い色のものまであり、黒い毛を伴なうものもある。(取れないもの)  黒いほくろ、生まれつき存在する黒色のあざ  老人性ゆうぜい・・加齢に伴い現れるいぼ。茶色からこげ茶色をしており、盛り上がっている。手のしみにも、トレチノイン治療は行えますが、顔と比べて皮膚の再生が遅く、また皮膚の性質としてトレチノインに対する反応が鈍い上、家事などで薬の成分が奪われやすいため、難しく時間がかかります。その美白効果はアルブチンの約100倍以上と確認されています。漂白ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きのある成分。「肌の漂白剤」とも言われる強力な作用を持っています。 一般に市販されている美白用化粧品でも最もポピュラーな成分としては、古くはアルブチンや、天然成分ということで注目されたコウジ酸などが挙げられますが、医薬部外品で使用されるこれらの成分には、主にその濃度に限界があり、市販の美白製品だけではなかなか劇的な効果は望めないというのがホントのところ。 ガンコなシミ退治には、やはり皮膚科に駆け込むのが得策と言えそうです。そこで、皮膚科ならではの特効薬、「ハイドロキノン」の出番!というワケです。強い作用のある漂白ハイドロキノンは、アレルギーや炎症を起こす可能性があることから、日本では医薬品成分(医師の処方による使用)とされていますが、欧米では2%までの濃度ならば、市販化粧品に使う成分として認められています。(4%以上になると医薬品扱いになります。)日本では、東大皮膚科や北里研究所美容医学センターなどで処方されたのをきっかけに、今では日本のほとんどの皮膚科やクリニックで「シミ取りクリーム」として処方してもらえるようになりました。また、クリニックによっては、レーザー治療との併用も勧められているようです。欧米…特にアメリカでは市販薬として認可される2%濃度のものであれば、ドラックストアなどで気軽に買えます。 日本に居ながらにして入手しようと思うならインターネット通販が最適でしょう。でも、お手頃な値段というわけではない上に、「試してみる」というわけにもいかない分、よく見極めて選ぶことが大切です!ドクターズコスメで有名なドクターオバジ:「NU-DERM クリームプログラム」ハイドロキノンを成分とした美白スキンケアー「オバジ」=「ドクター・ゼイン・オバジ」とは、アメリカのビバリーヒルズで最も有名な皮膚科医であると同時に、「スキンヘルスレストレーション(皮膚を再生するという意味を持つ造語)」の第一人者。 独自の理論を確立し、世界中の皮膚科医、形成外科医の注目を集めました。レーザー治療、ケミカルピーリング、皮膚移植、独自のクリームプログラムなどを主軸として治療・研究に従事しています。このオバジブランドのクリームプログラムは、ハイドロキノンをはじめ、フルーツ酸、レチノール酸という3つの話題の美白成分を取り入れた医療薬品。 肌の古い角質を取り除き、肌の健康そのものを再生させるという目的に基づいて開発されたプログラムキットです。かなり根気のいるプログラムながら、クチコミ人気が絶えません。有名なハイドロキノン製品、ICN社の「ソラキン・フォルテ・クリーム」アメリカのICN社は、世界有数の皮膚科医師の知識と技術を取り入れ、30年ほど前からハイドロキノンをはじめとする美白の医療薬品、化粧品などを製造しています。ハイドロキノンを4%配合。 値段は少々高めですが、シミ、色素沈着に即効性があるということで日本でもクチコミ人気の高いアイテムです。