鳥インフルエンザ:リレンザ(Relenza)専用ページリレンザ(Relenza)リレンザ リレンザ(Relenza) ザナミビル水和物(リレンザ)

インフルエンザ治療薬リレンザ(Relenza)

ザナミビル水和物(リレンザ)

e-world in your hands スターリンハーブUSA  海外の個人輸入情報サイトです。
検索結果を表示

                   風邪予防インフルエンザ対策  リレンザ(Relenza)
 
リレンザ(Relenza)

リレンザ(Relenza) 風邪予防
リレンザは、A型およびB型インフルエンザウイルス感染症の治療薬、現在世界で承認されています。
商品No 商  品  名 / 数 量 価  格
PR-101 リレンザ(Relenza)

Relenza Diskhaler 5mg,  
4ブリスター × 5ディスク + 吸入器 
1セット: 
4ブリスター × 5ディスク + 吸入器
2,400円
PR-102 2セット 4,400円
PR-103 3セット 6,400円
PR-106 6セット 10,000円


商品No 商  品  名 濃度 / 数 量 価  格
T-201, タミフル Tamiflu 
インフルエンザ

(リン酸オセルタミビル,Oseltamivir,)
75 MG  10錠 7,400円
T-202, 75 MG  20錠 13,400円
T-203, 75 MG  30錠 18,400円
T-204, タミフル シロップ(特に子供用)
12 mg、25ml

Tamiflu Syrup
1ボトル 18,400円
T-205, 2ボトル 34,400円


タミフル(Tamiflu)のジェネリック医薬品 Anti-Flu(Oseltamivi)抗インフルエンザ
商品No 商  品  名 濃度 / 数 量 価  格
TO-001, Anti-flu(Oseltamivi) 抗インフルエンザ


成分(リン酸オセルタミビル,Oseltamivir,)
75 MG  10錠/ 1箱 7,000円
TO-002, 75 MG  10錠/ 2箱 12,400円
TO-003, 75 MG  10錠/ 3箱 17,000円
Cipla,india 成分(リン酸オセルタミビル,Oseltamivir,)
DCGI India(インドFDA)承認済み

直行便 海外より純正品をお届けいたします。
 新製品






Antiflu(Oseltamivi)
75mg 10caps

DCGI India(インドFDA)承認済み

リレンザ(Relenza) インフルエンザ治療薬リレンザ(一般名 ザナミビル)



     * お申し込み・問い合わせ欄   *簡易 お申し込み書です。  
 

内容(商品名等)
記入してください。
Mail/メールアドレス * * ← E-mail 半角英数
* * ← E-mail 半角英数
 確認のためにもう一度メールアドレスを入力してください。

「ここは申し込み用のみ→」
お名前・お届け先など ご記入下さい/確認メールを送信します。
       
 
    ご要望やご質問などありましたら連絡ください。  
 


今日は
 











検索結果を表示

海外からの送料のみ、ご負担願います。(製品価格+送料一律600円)
 
関係法令により、具体的な使用方法、症状に関する医学的なアドバイスはできません。
到着後の商品に関する責任は、その一切がお申し込みになられたお客様ご自身に帰することを予めご了承ください。内容の如何に関わらず、弊社はその責任を負いません。

第68条( の効能等の表示の規制) 
よって、
輸入される商品は十分理解された上で、お客様ご本人の責任において ご使用下さい。
に関する詳しい説明・取り扱い等は、お近くの薬剤師・医師へご相談下さい。
お問い合わせはこちらへ
 (STAR-LIN Herb Corp.,USA)

Copyright(c)1999-2000 Starline Herb Corp,All Rights Reserved,


リレンザ(Relenza):リレンザは、グラクソ・ウェルカム社がインフルエンザの治療に開発した経口吸入抗原です。最近行われた研究では、リレンザは現在使われているインフルエンザワクチンの代わりとして、インフルエンザの予防に効果があると証明されています。グラクソ・ウェルカム社は、インフルエンザの予防という適応で、別に薬品認可申請を提出するとしています。鳥インフルエンザ・抗インフルエンザ治療薬のリレンザ(Relenza)専用ページ
リレンザrelenza[gsk](ザナミビルzanamivir hydrate水和物) もタミフルと同様で、A、B型インフルエンザウイルス感染症にのみ有効のシアル酸誘導体で、ドライパウダーを吸入投与によってウイルスの増殖部位である気道粘膜上皮細胞の表面に直接到達して増殖を抑え、またシアルダーゼ(ノイラミダーゼ)阻害剤として働きます。これもタミフル同様2001年2月2日より保健が適応されています。生産量は少なく、流行や状況によって生産が調整されています。


鳥インフルエンザ・抗インフルエンザ治療薬のリレンザ(Relenza)専用ページ



海外の個人輸入情報サイト 
海外医薬品検索サイト    医薬品 (Human Pharmaceuticals)



タミフル Tamiflu スイス・ロシュ社

リレンザ Relenza


アマンタジン amantadine


トップページへ パワーサプリ スポーツ サプリ サプリメント 1   アミノ サプリ 美容・ダイエット 美容・歯科漂白
お問い合わせ              CoQ10 IQサプリメント 医療用きのこ
アロマセラピー 漢 方





深海ザメ肝油 フリクサナーゼ鼻孔スプレー アンチオキシダント ルティンLUTEIN エスターC(ビタミンC) ギンコ ビローバ ビ−ポ−レン(BEE POLLEN) ギンコ ・プラス  コロストラム コレステロール ディア ベルベット鹿の角芽(ベルベット) エキナシア  メール・プロステート メール・ビリリティー男性精力剤 オメガ3 セレニウム ACE オリビラルOliviral ソーパルメット(ノコギリヤシ=実の油) サメの軟骨 shark cartilage セントジョンズワート (オトギリ草) スーパー マルチビタミン ミネラル ウイルス・プロテクション  ウーマンズ マルチビタミン キョ−ド フィルス  アシド フィルス  Omega 3 Oil + ビタミンE オメガ 3 フィッシュオイル ビーハイブ プロポリス カプセル メンズ マルチビタミン オーガニック ジンク(亜鉛) オーガニック・マルチ ミネラル総合ミネラル ベロッカBerocca クランベリー ニコレット・マイクロタブ禁煙 スーパー ナチュラル ビタミンC オレンジ 亜鉛・マグネシウム・B6 カルシウム・マグネシウム リジンL-LYSINE イブニングプリムロ−ズ月見草オイル 葉酸 FOLIC ACID  セントジョーンズウォート + チロシン ミルクシスル(オオアザミ) メノプロ ( レッドクローバー) ビルベリー目の疲労にNutra-Vision ビルベリー Maxi-B ビタミンB群 スピルリナ  ビルベリー ・アイブライトBilberry EyeBright リバ−ガ−ド ジョイント フード マトリックス  generic_info pharma_name
ザナミビル水和物(リレンザ) 国立医薬品食品衛生研究所 国立がんセンター 厚生労働省 国立国際医療センター メンタルヘルス・アイ  健康・医薬(日経NETへ参照) ドラッグナビ・医薬(日経NETへ参照) サプリメントナビ(日経NETへ参照) 国立感染症研究所 感染症情報センター   病院検索ポータルサイト 健康ホームページ(NHK)  おくすり110番   








鳥インフルエンザ:リレンザ(Relenza)専用ページリレンザ(Relenza)リレンザ

リレンザ(Relenza)の個人輸入代行

ザナミビル水和物(リレンザ)

インフルエンザ治療薬リレンザ(Relenza)の個人輸入代行承ります

ザナミビル水和物(リレンザ)の個人輸入代行

優れた海外製品 ザナミビル水和物(リレンザ)を、

ザナミビル水和物(リレンザ)

格安価格にて提供致します。リレンザ(Relenza)専用ページ

抗インフルエンザの治療薬リレンザ(Relenza)成分ザナミビル

を海外から直接輸入する際の手続きをお客様のお名前で代行致します。 お客様の任意のお申し込みによりインフルエンザ治療薬リレンザ(Relenza)など海外商品の個人輸入手続きを代行させていただきます。
記載のインフルエンザ治療薬リレンザ(Relenza)成分ザナミビルの情報は、インフルエンザ治療薬リレンザ(Relenza)の海外において提供されている一般情報を和訳したものであります。   ◇ご使用の際にはパッケージあるいは添付されているむ文書をお読みください。このウェブサイトで紹介されておりますのはインフォメーションですので、詳しくは医師又は薬剤師にご相談ください。今までにアレルギー症状を起こされたことのある方、あるいは現在医師の治療を受けておられる方は医師又は薬剤師にご相談ください。
インフルエンザ治療薬リレンザ(Relenza)の使用につきましては、弊社ではすべての責任を負いかねます。個人輸入されたリレンザ(Relenza)成分ザナミビルのご使用にあたっては医師等、医学の専門家のアドバイスに従ってください。
抗インフルエンザの治療薬リレンザ(Relenza)成分ザナミビルの輸入に関する事項につきましては、全てお客様の自己責任でご依頼願います。また、薬事法によりインフルエンザ治療薬リレンザ(Relenza)の効果、効能、副作用などにつきましてはお答えできかねますので、お客様でよくお調べになってからご注文ください。 個人輸入したザナミビル水和物(リレンザ)はご本人のご利用に限られますので、知人や第三者への譲渡、販売は薬事法により禁止されています。 インフルエンザ治療薬リレンザ(Relenza)成分ザナミビルのご使用によるいかなる結果もご本人の責任となり、弊社では一切責任を負いかねますので何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。 また、薬事法の規定によれば、ザナミビル水和物(リレンザ)の使用量・効果や効能などに関するお問い合わせにお答えすることもできません。
  

ザナミビル水和物(リレンザ)



リレンザ(Relenza):リレンザは、グラクソ・ウェルカム社がインフルエンザの治療に開発した経口吸入抗原です。最近行われた研究では、リレンザは現在使われているインフルエンザワクチンの代わりとして、インフルエンザの予防に効果があると証明されています。グラクソ・ウェルカム社は、インフルエンザの予防という適応で、別に薬品認可申請を提出するとしています。鳥インフルエンザ・抗インフルエンザ治療薬のリレンザ(Relenza)専用ページ
リレンザrelenza[gsk](ザナミビルzanamivir hydrate水和物) もタミフルと同様で、A、B型インフルエンザウイルス感染症にのみ有効のシアル酸誘導体で、ドライパウダーを吸入投与によってウイルスの増殖部位である気道粘膜上皮細胞の表面に直接到達して増殖を抑え、またシアルダーゼ(ノイラミダーゼ)阻害剤として働きます。これもタミフル同様2001年2月2日より保健が適応されています。生産量は少なく、流行や状況によって生産が調整されています。
副作用(重大なもの)アナフィラキシー様症候群、気管支攣縮、呼吸困難
(その他)発疹、蕁麻疹、顔面浮腫、耳鳴り、嗅覚障害、発汗、発熱、失神、視力障害など
インフルエンザ治療薬リレンザ(一般名 ザナミビル)リレンザはインフルエンザの治療薬です。リレンザはダイレクトにインフルエンザウイルスに作用する世界初の画期的な経口薬(カプセル)です。以前にも同じメカニズムを持つインフルエンザ治療薬リレンザがありましたが、 吸入による服用が必要でした。リレンザ服用も簡単で、効果が安定しています。リレンザの成分は リン酸オセルタミビル。リレンザにはカプセルとシロップがあります。リレンザは、インフルエンザウイルスが有するノイラミニダーゼを選択的に阻害し、新しく細胞内で増殖して形成されたインフルエンザウイルスが、細胞外に遊離・放出されること(発芽)を抑制し、ウイルスの増殖を抑制する。 今までのインフルエンザ治療薬とは違い、リレンザはインフルエンザのA型B型どちらにも効果があります。ただし、C型のインフルエンザには効果がありません。リレンザはインフルエンザウイルスが感染した細胞の表面から離れることを阻止することにより、ほかの健康な細Eへの感染や増殖を防ぐことで、インフルエザの症状を抑えます。タミフルは発病後 48時間以内に服用しないと効果がないといわれています。それはリレンザがインフルエンザウイルスの増殖を防ぐ薬で、増殖してしまったインフルエンザウイルスを消滅させる効果はないからです。

リレンザはノイラミニダーゼを抑制します。この酵素は、症候性インフルエンザ菌であるA型およびB型ウイルスの双方の複製に不可欠な成分です。抗ウイルス作用が抗原性変化によって影響されないよう、ノイラミニダーゼに冒された部位は保存されます。インフルエンザの予防薬として、リレンザにはいくつかの長所があります。いったん吸入されると、リレンザは直ちに効果を発揮します。また、リレンザの効用は特定のインフルエンザ菌に限定しているわけではありません。リレンザに短所があるとすれば、感染を避けたい期間中、毎日使用する必要があることでしょう。インフルエンザの季節に、偽薬を使うグループと対照させる無作為二重盲式実験が、2カ所で行われました。臨床実験に参加したのは合計1107名の患者で、患者の平均年齢は29歳でした。患者は4週間にわたって、リレンザあるいは偽薬のどちらかを1日10 mg吸入しました。実験では、「咳、頭痛、喉の痛み、筋の痛み、発熱、37.8度以上の体温」のうち2つ以上の症状が3日以上連続して記録された感染症を、インフルエンザと定義しました。この結果、リレンザは実験用に定義したインフルエンザを67%予防しました(信頼区間 [CI] 95%、39〜83%;有意水準 p<0.001)。また、発熱を伴うインフルエンザの予防に、84%効果があることがわかりました(信頼区間 [CI] 95%、55〜94%;有意水準 p<0.001)。リレンザを使用したグループにおいて、偽薬を使用したグループと異なる副作用は、まったく記録されませんでした。この研究の結果は、健康な成人におけるインフルエンザの予防に、リレンザが安全で効果的であることを証明しています。
リレンザは、疾病の期間および症状の双方を、著しく軽減します。リレンザは、疾病の期間を最大で2.5日、短縮します。臨床実験では、リレンザは頭痛、喉の痛み、発熱、筋肉痛、咳、衰弱、食欲不振などの症状を著しく改善しました。リレンザの使用を開始してから48時間以内に症状は改善しました。リレンザは偽薬と同じくらい安全で、どなたでも使用できます。リレンザは、成人および12歳以上の子供のインフルエンザ感染の治療を目的としています。インフルエンザの最初の徴候が現れてから48時間以内にリレンザによる治療を開始すると、最も効果的とされています。リレンザ」は米国、ヨーロッパ諸国、オーストラリアやニュージーランドを含む51カ国において承認されています。
リレンザ(ザナミビル水和物):インフルエンザ治療薬、リレンザ(グラクソ・スミスクライン、主成分ザナミビル水和物、5mg1ブリスター )についての話題は、なかなか出てくることがありません。という訳で、今回はリレンザのお話です。リレンザは、タミフルと同じメカニズムを持つと書きました。リレンザの抗ウイルス作用のメカニズムは以下の通りです。インフルエンザウイルスの表面には、いろんな突起がついています。リレンザのターゲット分子であるノイラミニダーゼは、この突起を構成するタンパク質(酵素)です。インフルエンザウイルスは、感染細胞(例えばヒトの気道粘膜の細胞)に結合しますが、この時シアル酸という物質と細胞表面の糖との結合が必要となります。そのため、インフルエンザウイルスが感染細胞から未感染細胞へ移動するときには、シアル酸と細胞表面の糖との結合を切る必要があります。このシアル酸と糖との結合を切るための酵素がノイラミニダーゼです。リレンザは、このノイラミニダーゼの作用を抑制します。リレンザがノイラミニダーゼの働きを抑制すると、インフルエンザウイルスが感染細胞から離れることが出来ず、インフルエンザウイルスの感染拡大を防止することになります。そのため、病状の進行がとまり、治癒までの日数が短縮されます。これから分かるように、リレンザも、タミフルも、ウイルス自体を壊すものではない薬物ということになります。リレンザが表舞台に出て来れないのは、リレンザの投与方法(吸入薬)がタミフル(飲み薬)とは異なる。ということに原因がありそうです。リレンザは、消化管からほとんど吸収されません(吸収率2%)。つまり、タミフルとリレンザは、試験管内での薬理作用については同程度ですが、ヒトや動物に口から飲ませると、タミフルは効くけど、リレンザは全く効かないということになります。リレンザは、専用の吸入器を用いて吸入します。喉の粘膜からは、薬剤が血液に吸入されやすい(ニトログリセリンの舌下錠のようなもの)ため、消化管を通さずに薬剤を血液中に移行させることが出来ます。また、喉の粘膜は、インフルエンザウイルスの活動部位であることから、ウイルスに対して直接作用し、薬効が出やすい可能性があります。専用の吸入器を使うということで、吸入器が必要なため吸入器の制作にもコストと時間がかかるなどが、リレンザが使用しにくい原因でしょう。しかし、リレンザはタミフル耐性のウイルスが出てきたときの2番手として、重要な位置づけになると思われます。リレンザについても、生産拡大&備蓄を行うべきだと思います(国がようやく動き出した所みたいですね)。
鳥インフルエンザ・抗インフルエンザ治療薬のリレンザ(Relenza)専用ページ



インフルエンザ治療薬ザナミビル水和物(リレンザ)
インフルエンザは紀元前の時代からすでにあったといわれています。また、インフルエンザは突如流行し、短期間のうちに広範囲で猛威をふるい数ヶ月で終息することや、大流行が周期的にやってくることから、中世イタリアの占星術師たちは「星の影響(Influentiacoeli)」と考え、この感染症を「Influenza(インフルエンザ)」と呼んだそうです。18世紀の英国での流行時にこの名が使われ、その後世界に広まりました。日本でも、古くは平安時代にインフルエンザの流行をうかがわせる記録があり、 江戸時代には「お駒風」「谷風」などと名づけられた悪性の風邪が流行したとい う記録があります。20世紀にもたびたび世界的流行があり、なかでも最も有名な流行はスペイン風邪(1918年)で、世界で6億人が感染し、2500万人の死者が出ました。その後もアジアかぜ(1957年)、香港かぜ(1968年)、ソ連かぜ(1977年)といった大流行がありました。インフルエンザは今なお恐い感染症のひとつです。【インフルエンザ(流行性感冒)】の病原体はインフルエンザウィルスです。 (ちなみに、よく似た名前の「インフルエンザ菌」という細菌がありますが、これは以前インフルエンザの原因と間違われたためにこのような名称になったもので、インフルエンザの原因ではありません。)これに対し、ふつうのかぜ(普通感冒)は特定のウィルスによるものではなく、約10種ほどのウィルス(型によって細分化すると200〜300種類)によってひきおこされ、鼻から肺の入り口までの上気道に炎症が起こる症状をかぜ(普通感冒)と呼んでいます。【インフルエンザの感染経路】インフルエンザは、インフルエンザに感染している人の咳やくしゃみ、会話の時に空気中に拡散されたウィルスを、鼻腔や気管など気道に吸入することで感染します(飛沫感染)。特に高齢者や慢性疾患を持っている人、疲れたり睡眠不足の人は、罹患した際に重症化する可能性が高くなるといわれます(※)。また、冬期のように空気が乾燥してくると、インフルエンザにかかりやすくなります。これは、低温で乾燥した冬には、空気中に漂っているインフルエンザウィルスが長生きできること、また、乾燥した冷たい空気でのどや鼻が弱っていることも影響していると考えられます。年末年始の大勢の人の移動で、ウィルスが全国的に広がりやすいともいわれています。※65歳以上の高齢者、妊娠28週以降の妊婦、慢性の肺疾患、心疾患、腎疾患、代謝異常、免疫不全状態の患者の方などは、インフルエンザの罹患時のリスクが高いといわれています。インフルエンザウィルスは、膜の表面が2種類の突起で覆われており、この突起は【H】と【N】と略される抗原です。インフルエンザが毎年流行るのは、この抗原がよく変わるためです。
生体は抗原を見分けて抗体をつくります。予防接種などで一度抗体を作れば同じウィルスにはかからなくなるのですが、この【H】、【N】にはそれぞれいくつかの種類があり、さらに【H】、【N】自身も少しずつ変化しており、したがって同じ種類の【H】、【N】の組み合わせでも、抗原としては毎年少しずつ異なっています。このため、一度インフルエンザの抗体を作っても、新しい組み合わせによる抗原には無効で、再度感染してしまうことになります。
インフルエンザの症状は風邪の症状に似ています。インフルエンザウィルスの潜伏期間は1〜3日で、突然38℃〜40℃の高熱を出し、同時に、頭痛、筋肉痛、倦怠感、喉の痛み、せきなどの症状が現れます。高齢者がインフルエンザにかかると、持病を悪化させたり、肺炎などの合併症を引き起こしてしまうことがあり、また、乳幼児がインフルエンザにかかると、まれに脳炎や脳症を併発することがあります。脳炎や脳症を併発すると、けいれんを起こす、意識がもうろうとしているなどの症状がでます。これらの症状が出た場合、すぐに病院に行って受診してください。ザナミビル水和物(リレンザ)

ザナミビル水和物(リレンザ) 国立医薬品食品衛生研究所 国立がんセンター 厚生労働省 国立国際医療センター メンタルヘルス・アイ  健康・医薬(日経NETへ参照) ドラッグナビ・医薬(日経NETへ参照) サプリメントナビ(日経NETへ参照) 国立感染症研究所 感染症情報センター   病院検索ポータルサイト 健康ホームページ(NHK)  おくすり110番