LIGHT SKIN PEEL

ライトスキンピール


自宅で簡単エステ!
誰にも知られずきれいになれる・・
米国のプロエステシャンも使用!

使用してすぐに違いがわかる、イクスフォリアント効果。
顔の色合いを良くし、肌触りを向上させます。皮膚にうるおいを与える自然成分のみ使用。
アーモンドの粒々がたっぷり配合されています。

スキンピール(皮膚の表面をはがす方法)とは、皮膚の表面、角質をはがして、下のみずみずしく、新しい肌を表面に出す方法です。 26年前にヨーロッパからアメリカへ紹介されました。
人間の皮膚の細胞は30日をサイクルに、水分を失い死んでいきます。この、死んでしまった角質が皮膚の表面に残ったままになると、毛穴につまり、ほこり、バクテリアがたまります。 この状態により、十分な水分が毛穴から皮膚の表面にいきわたらなくなり、肌の潤いが失われ、しわ・しみをつくっていきます。 これが肌の老化の一番の原因となっているわけです。 角質が皮膚の表面に残ったままでは、良質のローション、クリーム等を使っても、つまった角質が壁になり、地肌にいきわたりません。 この、しつこい角質を取り除くのがスキン・ピールの役目です。 しみ、しわの気になり始めた肌に、一週間に一度お試しください。みずみずしさと、潤いがもどってくるのが一日目から感じられるはずです。
ライトスキンピール
1.5oz(42g)

Purified water,SDA,Alcohol 40,crushed almonds,veget
able oil,zinc oxide,kaolin,starch,glycerin,camomile,methylcellulose,salicylic acid,allantoin,papain,methyl&propyl paraben,oil of thyme.
精製水、SDA、アルコール40、アーモンド粉、ベジタブルオイル、酸化亜鉛、カオリン、スターチ、グリセリン、カモミール、メチルセルロース、サリチ―ル酸、アラントイン、パパイヤ酵素、メチル&プロピルパラベン、タイムオイル
Made in USA REVIVA LAB(レビバ社)

1週間に一度ご使用ください。顔全体に塗った後、3〜5分間おいて乾かしてください。完全に乾いたら、指、乾いたタオルもしくはコスメティックスポンジなどでこすり剥がしてください。
STEP1) 週に1回、洗顔後に顔全体に薄く伸ばします。
STEP2) 3〜5分後そのままにして、乾燥させます。
STEP3) 完全に乾燥した後、指、乾燥したタオルまたはスポンジで落とします。
ius_7658


価格についてもこちらをご覧下さい。




ライトスキンピール

どんなに良質の化粧品を使っても、角質が皮膚の表面 に残ったままでは地肌にいきわたりません。 この、しつこい角質を取り除くのがスキンピール法です。週に一回お肌にのばし、ぼろぼろと落とすだけで、1回目から、みずみずしさと潤いが戻ってくるのが感じられるはずです。

高いお金を払ってエステにいくよりも、おうちでエステ。100%自然の成分で作られたライトスキンピールだから安心。

数年前から話題になっていたスキンピールは、皮膚の表面をうすくむいて、古い角質を取り、しわ、しみを取り除きます。しかしその方法は整形手術か処方箋を必要とする薬品によるもので、高価で、しかも肌を痛める原因にもなっていました。 アメリカのレビバ・ラボ社の製品は、総べて自然の原料のみで作られているので大変評判の会社です。このライトスキンピールも薬品は一切使用さていません。自然成分のみで出来ていて、肌にやさしく、しかも経済的!サロンなみのお肌のケア−ができます。実際、アメリカのプロエステシャンも使用してます。




お問い合わせ 美容・ダイエット         10 3美容・歯科漂白 Almay Dr..Perricone アロマセラピー
お申し込み サプリメント 11 12 13 14 15 16 17 Skin Ceutical Jason C処方 OBAGI Natura Bisse
トップページへ パワーサプリ 新製品ダイエットサプリ スポーツ サプリ 目の健康(ドライアイ) Z. Bigatti Glyderm(ICN)
漢 方 IQサプリ1  アミノ サプリ CoQ10 アルファリポ酸 黒髪・育毛サプリ Dr. Brant





美容・美白サイト
美白のソラキン・クリーム 美白のエルドキン・クリーム レノバクリーム  レチンAのピーリング効果トレチノイン のレチン−A 美白のハイドロキノン・クリーム 美白のユークロマ・クリーム AretHC美白クリーム カイネレース 美白のプリベージ ヒアルロン酸溶液 + HGH ラストラ スキンシューティカルズ OLAY・オーレイ ナチュラ ビセ Dr.ペリコン Z. ビガッティ グライダーム(カイネレース) ドクター ブラント スキンケア ジェイソン-ビタミンC処方 オールメイのカイネチン植物性ホルモン Skin Medica プリビッジ プリベージ

オバジ−ジェントル クレンザー オバジ エクスフォダーム オバジ フォーミング ジェル オバジ ブレンダー オバジ トナー オバジ サンフェダー オバジ クリアー オバジ トレチノイン オバジ アクション オバジ−C 10 オバジ サンブロック アイクリーム&ジェル オバジ スキン プロテクション オバジKObagi-Kカイネチン オバジ認定トレチノインクリーム0.05%  オバジ認定トレチノインクリーム0.1% OBAGI ハーフセット(オバジトラベルセット)   
アンチアンドロゲンAntiandrogen 女性ホルモン


美容・美白
レチンA クリーム トレチノイン レチン-A クリーム レノバ クリームRENOVA  ハイドロキノン・クリーム 4% エルドキン・クリーム Eldoquin  プリビッジ プリベージ プレグネノロン  エスターC グリコリックピーリング30% 溶液 グリコリック ピーリング40% 溶液 ライトスキンピール  カイネレース・アイクリーム   グライクイン  グライダーム アイクリーム  セラミドC セラム ダーマティックスジェル   スイスラムプラセンタ  スキン・メデイカ  スキンメデイカ スキン・メデイカ  ヒアルロン酸  タイムレス・ニュートリション  ダーマプリン  リポソルブ ダイエット 7-KETO セブンキトー コーチ・スリム  ゼナドリン EFX ニューカーブ EsterC  ビタミンC コラーゲンタブレット ローズヒップ オイル  セラシーン rGH (HGH成長ホルモン)  イミディーン ラジアント コンプレクション  イミディーン プライム リニューアル 高級海洋性コラーゲン イミディーン タイム パーフェクション マリンプロテイン イミディーン  ピクノジュ−ル  イブニングプリムロ−ズ 月見草オイル ボルプタ ガウクルア バイオ・カプセル ビブラント スキン エストロジーナ・アイジェル プエラリアン・ブレスト・クリーム プリマリン・クリーム  プエラリア・ミリフィカ・カプセル プエラリア・ミリフィカ・タブレット プエラリアン・ブレスト・スプレー プエラリアン・ブレスト・マスク プエラリアン・ブレスト・セラム 





皮膚のうるおい
・ 皮脂(皮脂腺から分泌される脂)
・ 天然保湿因子(角質層にあるアミノ酸、塩類など)
・ 角質細胞間脂質(角質細胞間の脂)
  という3つの物質によって一定に保たれており、外から有害なものが入ってくるのを防ぐ働き(バリアー機能)を維持するのに大切な要素となっています。
  空気の乾燥、皮膚の洗いすぎ、生活リズムの変調、ストレス、遺伝的要素などによってバリア機能に異常が起こると皮膚の表面の潤いがなくなりガザガザとした乾燥した皮膚になります。 スキンケアとは、皮膚を健康に保つための日常の注意事項のことで、適切なスキンケアを行うことで皮膚の病気を防ぐことが出来ます。

 そこで・・・皮膚の健康を保つためのポイント

1 規則正しい生活、ストレスを溜めないように。
2 十分な睡眠とバランスの良い食生活。
3 お肌はいつも清潔に、ただし洗いすぎないように。
4 乾燥肌の人は風呂上りに保湿剤を。
5 お肌に合わないものは身につけないように。
6 部屋の掃除はこまめに。
7 冷房・暖房のし過ぎや、部屋の乾燥に注意。



正しいスキンケアとは、ご自身のお肌の状態をよく知り、必要な基礎化粧品を 効果的に 使用することだといえます。


1)肌の構造を知る。


皮膚は表皮、真皮、皮下組織の3つからできています。

表皮:皮膚のいちばん外側にあり、約3mmという厚さで角質層、顆粒層、有蕀 層、基底層の4つに分かれます。
皮膚の表面を覆う表皮は、一番下の基底層で生まれ、少しずつ上へと押し上げられ、角質層に達した後、垢に なってはがれ落ちます。

真皮:表皮の下にあり、栄養分を表皮に送ります。

皮下組織:繊維質と皮下脂肪から成り立ち、筋肉や骨を外部の刺激から守るクッションの役割をしています。
また、体温の放出を防いだり、皮膚に栄養を送る源にもなっています。

2)皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)

基底層で生まれた表皮細胞が角質層に達し、最終的に垢となって はがれ落ちることをターンオーバー といい、 その周期は約28日間といわれています。 ターンオーバーを繰り返すことで、肌はみずみずしさ を保っています。
中でも角質層は肌の潤いを保つために、健康な状態で15〜20%の水分を含んでいます。 この角質層の 機能が低下すると肌のかさつき・小ジワの原因になります。
また、角質層の表面は、皮脂膜という水と脂のベールで覆われています。
皮脂膜は外界からの皮膚刺激をシャットアウトするはたらきをもっています。
健康な人なら、石けんで洗っても10分程度で皮脂膜は再生します。
それが、30分以上もかかってしまうといろいろな刺激が皮膚を直撃します。
肌はカサカサになり、すぐにかぶれたりします。
このようなトラブルをもった肌を一般的にアトピー肌(アトピー性皮膚炎とはちょっと違います。) といいます。

3)お肌の敵は

紫外線 :お肌の乾燥や炎症などをひき起こす紫外線。
紫外線は、UV-A・UV-B・UV-Cに分けられます。
UV-Cは波長が短いため地表までは届きません。しかし、UV-A・UV-Bは、 お肌の細胞を傷付けて炎症を起こしたりします。
UV-A: 波長の長いA紫外線は、急激な作用を起こさせないかわりに肌の奥まで入り込み、じわじわと肌にダメージを 与え、しわ・たるみの原因となります。窓ガラスや雲なども通すので、家の中でも曇りの日でも私たちの肌に 届いています。 一般に生活紫外線と呼ばれるものです。
UV-B: 波長の短いB紫外線は、肌表面に強く作用し赤く炎症を起こすほか、シミ・ソバカスや皮ふガンの原因となります。 海水浴などでおこる急激な日焼けの原因でレジャー紫外線とも呼ばれています。
日焼けで肌が黒くなるのは、肌の色を決定するメラニン色素が増産されるためで、 長時間紫外線を浴びるとこのメラニン色素が過剰に作られるのです。 通常なら、メラニンは古い角質となり、垢となって剥がれ落ちますが、代謝機能が低下すると、 皮膚に溜まり、しみの原因となってしまいます。 この他にも紫外線は、肌の水分を奪い、真皮にあるコラーゲンなどを変性させて、 お肌の弾力を失わせ、しわやたるみの原因を作ります。

汚れ :油溶性の汚れ皮脂の老廃物、肌に残留した化粧品成分、排気ガス、タバコに含まれるタール物質、水溶性の汚れ汗の成分、肌に残留した化粧品成分、表皮細胞の水溶性アミノ酸、NMF成分などの老廃物 不溶性の汚れ砂泥、メイクアップの残留物、生活環境のゴミやほこり、垢、皮膚常在菌など

4)スキンケアの基本

お話が長くなりましたが、以上のようにお肌の敵は、紫外線と汚れがポイントです。
もちろん、その他の要素、ストレス、不眠、生理、なども重要ですが、そちらの方は医学的治療(お薬やアロマテラピーなど)の分野なので、ここではチョット省略。
洗顔と紫外線の防止、これが大切です。
なかでもとりわけ重要なのが、洗顔。・・・だれでも知ってますよね。
でも、クレンジングをきちんとやっているでしょうか?
(汚れ)の項目を見てください、油溶性の汚れは洗顔フォームだけでは落ちません。
素肌だから、クレンジングがいらないと思っている人がいたら、今すぐ考え方を改めてください。
油溶性の汚れは、ニキビやシミやくすみの原因にもなります。また、様々な皮膚疾患へと発展していくかもしれません。いわゆる(ダブル洗顔)をおすすめします。
紫外線の予防は、日焼け止めクリームなどのUVケア製品ですが、敏感な肌の方はご注意を!
最近は、SPF値が100を越える製品がよくでまわっていますが、SPF値が高いほど肌への負担も高くなるということを覚えておいてください。日常紫外線とレジャー紫外線・・日焼け止めも使い分けをおすすめします。


洗顔で肌が変わる

きれいなお肌のためにいちばん大切なのはスキンケアの中でも『洗顔』です。
まず、お手入れの基本となる洗顔で肌を清潔に保ちましょう。洗顔がしっかりできないまま、ローションや美容液をつけても、せっかくの有効成分が肌に残った汚れがジャマをして肌に浸透しません。だから洗顔がしっかりできると、肌へ化粧品の有効成分がたっぷり浸透するから、肌もみるみるキレイに。

クレンジング --- Tゾーンは特にていねいに。

メイクや余分な皮脂をたっぷりのクリームになじませて落とします。肌が『少し温まったな?』と思ったら毛穴が開いたサイン。毛穴の奥の汚れもキチンと落とせます。

メイクの落とし残しがないように、特に生え際や小鼻のまわりは注意しましょう。
吹き出物の原因のひとつは肌の汚れです。毛穴の中の汚れまでしっかり落としましょう。とくに汚れが残りやすいTゾーンはていねいに行いましょう。

ウオッシング
たっぷりの泡でやさしく汚れを包み込むようにやさしく洗いましょう。泡が汚れをしっかり落とします。すすぎはめるま湯で十分に行いましょう。熱すぎると肌に必要なうるおいまで奪ってしまいます。特に髪の生え際やあご先などはすすぎ残しに注意!

肌がくすんで見えるのは、古い角質が肌に残っているためです。くすみやすく、皮脂分泌の多いTゾーンはていねいにウオッシングし、余分な角質を取り除きましょう。



目の下のクマ

目元まわりのケア商品が売れています。中高年女性など実際に肌トラブルを抱えた女性の使用だけでなく、最近は予防効果を期待した20〜30代にまで購買層が広がっているためです。それではどんな目元の悩みを抱えているのでしょうか。ある化粧品会社が行なった「目元の悩み調査」によると、40代以上が小じわを、20〜30代が目の下のくまをトップにあげ、全体ではくまを気にしている女性が最も多いことが分かりました。

目の下のくまは寝不足や疲れがたまった時にできますが、このような状態の時は目元のまわりの血行が悪くなり血液が滞留します。このとき滞留している血液はにごった色をしているので黒ずんでみえるのです。若いときのくまなら一晩休むと回復しますが、加齢でできたくまは深刻です。

加齢によるくまには、目の下にふくらみが現れるのが特徴です。このふくらみは脂肪ですが、加齢とともに皮膚の弾力が衰えてたるみ、目の下がふくらんでしまいます。このふくらみはとても老けた印象を与えます。

くまの解決策としては、血液の循環をよくするマッサージが効果があります。目のまわりは皮膚が薄いので力を抜くのがコツです。
また、血流をよくする成分を配合した専用のクリームも発売されています。

メークですが、ファンデーションの厚塗りは逆効果です。目の下の影ができる部分にハイライト効果のあるパール入りのフェイスカラーを入れて明るくみせるのがコツ。また、メークのポイントを唇にするなど、目と別のところにもっていくのも効果的です。


スキンケア新提案 --- 年中ホワイトニング

私たちは、一年中紫外線にさらされています。とくに 5 月ごろから 9 月ごろまでは、日差しが強くなる季節でもあり、みなさん紫外線を意識するようになります。でも、3 月ごろからすでに紫外線は強くなり、10 月に入ってもまだまだ影響があるというのが実態です。

 紫外線には、日焼けして赤くなったり、そのあと黒くなったりシミになったりというような状態を引き起こす中波長紫外線(UV-B)と、お日さまに直接身をさらしているわけでなくても浴びている紫外線がお肌に蓄積して焼けてしまうような状態を引き起こす長波長紫外線(UV-A)があります。

 これらの紫外線を防止する指数を、SPF と PA で表しており、数字が大きいほど紫外線防止効果が高いことを表します。

 SPF とは、Sun Protection Factor といって、UVB つまり中波長紫外線の防止指数のことです。

 肌に紅斑を与え始める最少の紫外線エネルギーの量が、SPF の基準です。この基準となる紫外線量を MED(最少紅斑量)といいますが、もっとわかりやすく例えれば、肌がほんのりと赤くなる程度に紫外線を浴びた時間にほぼ相当します。平均的な日本人の場合で、7 月の正午の日差しで約 20 分くらいが SPF1 です。もちろん、すぐ赤くなりやすい人は約 10 分、日焼けしにくい人で 30 分など SPF の示す値が人によって異なりますので、自分の肌が日に焼けやすいタイプかどうか知っておくことも大切です。

 平均的な日本人の肌では、SPF の数字に 20 分を掛けた数字が紫外線防止効果の目安となります。SPF10 のサンカット商品があれば、10(SPF)×20(分)=200(分)となり、約 3 時間くらいなら夏の日差しを浴びても、肌が焼けて赤くなり、ヒリヒリしたり、後で肌が黒く焼けないという目安となります。

 ただし、汗を拭いたりして、その時にサンカット商品が肌からとれたら紫外線防止効果が無くなりますから、SPF 値や日差しの強弱にもよりますが、2 〜 4 時間毎に付け直しをした方が安全でしょう。

 なお、白人の肌を基準としているアメリカやヨーロッパの製品の場合、SPF 値を 3 〜 4 で割って丁度良いくらいの目安となります。ただし最近海外の商品でも、日本人の肌に対応した SPF を表示しているところが多いようです。

 一方、PA とは、Protection grade of UVA 、UVA つまり長波長紫外線の防止効果です。最近はこちらの PA も重視され強調されるようになりました。今では、PA++ は普通で、PA+++ のものも多く出回るようになりました。意識していなくても、日常的に紫外線を浴びているわけですから、これを防ぐのはとても重要です。

★2000 年より SPF50 を超える製品はすべて、数値にかかわらず「SPF50」と表示されることになりました。

だからいつでもホワイトニング

 紫外線のしくみを知れば知るほど、真夏だけホワイトニング&紫外線カットしていれば良いというわけにいかないことがわかってきます。だから、年中ホワイトニング。とくに、夏の間蓄積された紫外線の悪影響は、すぐになくなるものではありません。陽射しが弱くなり紫外線の影響が追加されにくくなった秋・冬にこそ、ホワイトニングの効果が出やすいのです。

 ビタミン C 配合のホワイトニング美容液は、即効性よりもダメージを受けたお肌を甦らせる力に期待できますので、年中ホワイトニングに向いていると言えます。もちろん、徹底的に「白く」したい場合には、コウジ酸のような「漂白系」を使い続けるのも良いでしょう。透明感をもたらしてくれるものもありますから、理想のお肌に向かって、最適なアイテムを選んでいくと良いですね。「いつでもホワイトニング」、、、“今だけ”でなく、“数年後”のお肌のために。


◇「なぜ、毛穴が目立ってしまうのか」という悩みをもっている方は多いと思います。年齢を問わずに聞かれる悩みです。実は、毛穴が目立ってしまうのには2つの原因が考えられます。その原因を理解して、それぞれの原因にあったお手入れ方法で毛穴を少しでも目立たなくしましょう。

------------------------------------------------------------------

その1・「皮脂の分泌が多すぎて毛穴が開いてしまう場合」について説明します。


◆◆◆【原因】◆◆◆

◇鼻から両ホホにかけて肌がべたつき、毛穴が目立つことがあります。
この部分はもともと皮脂分泌が多いところですが、特に皮膚温の上昇によって皮脂腺のはたらきがより活発になり、それによって皮脂の分泌が多くなりすぎると 毛穴が押し開かれて大きく目立ってきます。
 
◇この毛穴に皮脂やはがれにくくなった角質がつまってざらざらしたり、詰まった固まり(角栓といいます)が空気に触れて酸化したり、汚れが付いたりして黒ずんで見えます。

1.まず過剰な皮脂・毛穴につまった角栓を取り除き肌を清潔にします。 メイクをした日には必ずダブル洗顔をしましょう。メーキャップも時間がたつと汚れになります。毛穴の中に残ったこれらの汚れを取るためにもクレンジングでしっかり落としてあげましょう。
洗顔フォームはよく泡立てて。泡が汚れを包みこんで落とします。 泡立ちが悪いと落ちが半減してしまいますよ。 手での泡立てが苦手の方は泡立てスポンジがおすすめです。

2. 化粧水で水分を充分に補いモイスチャーバランスを整えます。
3. 乳液も使いましょう。べとつき感が気になるといって未使用の方も多いのですが、乳液は化粧水の後に使用するとお肌の水分・油分を バランスよく整え、柔軟で潤いのある肌に導いてくれます。はじめての方は、さっぱりタイプの乳液の使用をおすすめします。お化粧持ちも良くなりますよ。

------------------------------------------------------------------

◆◆◆【スペシャルケア】◆◆◆

◇過剰な皮脂分泌を抑えてくれる、収れん化粧水でよくパッティングします。
たっぷりの化粧水でパッティングすると肌が冷え、皮膚温の上昇を防ぎます。また、毛穴の汚れをとるための除去用パックもあります。これをしたあとは 必ず収れん化粧水で毛穴のひきしめをお忘れなく!!

◇ オイルコントロール効果のあるエッセンスもあります。 メイク前に使用するとテカリや化粧くずれの予防になります。 オイルマッサージをして「油を油でおびきだす」という方法も効果的です。 ただし、ニキビなどの炎症がある方はやめてください。


◇日常生活のアドバイスとして、睡眠を十分取る・ニキビを手で触らない・ 深夜の飲食は控える・ビタミンB・C・Eや食物繊維をよくとることがあげられます。


-----------------------------------------------------------------
その2・「年令によって皮膚内部のはたらきが衰える場合」について説明します。


◆◆◆【原因】◆◆◆

◇加齢とともに皮膚内部(真皮層といいます)の働きがおとろえ、水分が保てなくなります。そのため皮膚の柔軟性や弾力性が失われ、キメが粗くなって毛穴が目立ってきます。とくにホホは肌がたるんでくることにによって、毛穴がたて長の状態になってしまい、毛穴が開いているように見えてしまうのです。

1.まず、洗顔によって肌に付着した汚れや老廃物、不要な角質を取り除き毛穴の詰まりを防ぎます。そして、一番大切なのがモイスチャーバランスを整えてうるおいを保つようにすることです。 肌にハリを持たせたり、保湿効果の高い化粧水や 乳液をたっぷりとつかいます。

特に秋・冬は乾燥によって肌の水分が失われがちなので、お休み前にはクリームやパックジェルなどでケアしてあげましょう。


------------------------------------------------------------------

◆◆◆【スペシャルケア】◆◆◆


◇ マッサージは肌のくすみも取れて、とても効果的です。お風呂でもマッサージできるような、洗い流せるタイプのマッサージクリームもありますのでぜひ試してみてください。 1週間くらい続けると肌が明るくなりキメも整ってきます。


◇メーク前などは毛穴を引き締めるために収れん化粧水を使ってもいいでしょう。 日常の生活での注意点では、老化の原因となる紫外線から肌を守るように すること、ビタミンC・Eやたんぱく質を多く取るなどがあげられます。


◇「なぜ、毛穴が目立ってしまうのか」という悩みをもっている方は多いと思います。年齢を問わずに聞かれる悩みです。実は、毛穴が目立ってしまうのには2つの原因が考えられます。その原因を理解して、それぞれの原因にあったお手入れ方法で毛穴を少しでも目立たなくしましょう。

------------------------------------------------------------------

その1・「皮脂の分泌が多すぎて毛穴が開いてしまう場合」について説明します。


◆◆◆【原因】◆◆◆

◇鼻から両ホホにかけて肌がべたつき、毛穴が目立つことがあります。
この部分はもともと皮脂分泌が多いところですが、特に皮膚温の上昇によって皮脂腺のはたらきがより活発になり、それによって皮脂の分泌が多くなりすぎると 毛穴が押し開かれて大きく目立ってきます。
 
◇この毛穴に皮脂やはがれにくくなった角質がつまってざらざらしたり、詰まった固まり(角栓といいます)が空気に触れて酸化したり、汚れが付いたりして黒ずんで見えます。

1.まず過剰な皮脂・毛穴につまった角栓を取り除き肌を清潔にします。 メイクをした日には必ずダブル洗顔をしましょう。メーキャップも時間がたつと汚れになります。毛穴の中に残ったこれらの汚れを取るためにもクレンジングでしっかり落としてあげましょう。
洗顔フォームはよく泡立てて。泡が汚れを包みこんで落とします。 泡立ちが悪いと落ちが半減してしまいますよ。 手での泡立てが苦手の方は泡立てスポンジがおすすめです。

2. 化粧水で水分を充分に補いモイスチャーバランスを整えます。
3. 乳液も使いましょう。べとつき感が気になるといって未使用の方も多いのですが、乳液は化粧水の後に使用するとお肌の水分・油分を バランスよく整え、柔軟で潤いのある肌に導いてくれます。はじめての方は、さっぱりタイプの乳液の使用をおすすめします。お化粧持ちも良くなりますよ。

------------------------------------------------------------------

◆◆◆【スペシャルケア】◆◆◆

◇過剰な皮脂分泌を抑えてくれる、収れん化粧水でよくパッティングします。
たっぷりの化粧水でパッティングすると肌が冷え、皮膚温の上昇を防ぎます。また、毛穴の汚れをとるための除去用パックもあります。これをしたあとは 必ず収れん化粧水で毛穴のひきしめをお忘れなく!!

◇ オイルコントロール効果のあるエッセンスもあります。 メイク前に使用するとテカリや化粧くずれの予防になります。 オイルマッサージをして「油を油でおびきだす」という方法も効果的です。 ただし、ニキビなどの炎症がある方はやめてください。


◇日常生活のアドバイスとして、睡眠を十分取る・ニキビを手で触らない・ 深夜の飲食は控える・ビタミンB・C・Eや食物繊維をよくとることがあげられます。


-----------------------------------------------------------------
その2・「年令によって皮膚内部のはたらきが衰える場合」について説明します。


◆◆◆【原因】◆◆◆

◇加齢とともに皮膚内部(真皮層といいます)の働きがおとろえ、水分が保てなくなります。そのため皮膚の柔軟性や弾力性が失われ、キメが粗くなって毛穴が目立ってきます。とくにホホは肌がたるんでくることにによって、毛穴がたて長の状態になってしまい、毛穴が開いているように見えてしまうのです。

1.まず、洗顔によって肌に付着した汚れや老廃物、不要な角質を取り除き毛穴の詰まりを防ぎます。そして、一番大切なのがモイスチャーバランスを整えてうるおいを保つようにすることです。 肌にハリを持たせたり、保湿効果の高い化粧水や 乳液をたっぷりとつかいます。

特に秋・冬は乾燥によって肌の水分が失われがちなので、お休み前にはクリームやパックジェルなどでケアしてあげましょう。


------------------------------------------------------------------

◆◆◆【スペシャルケア】◆◆◆


◇ マッサージは肌のくすみも取れて、とても効果的です。お風呂でもマッサージできるような、洗い流せるタイプのマッサージクリームもありますのでぜひ試してみてください。 1週間くらい続けると肌が明るくなりキメも整ってきます。


◇メーク前などは毛穴を引き締めるために収れん化粧水を使ってもいいでしょう。 日常の生活での注意点では、老化の原因となる紫外線から肌を守るように すること、ビタミンC・Eやたんぱく質を多く取るなどがあげられます。




ニキビQ&A・・・ニキビを消したい・・・

Q:はニキビがひどくて、できては治り、治ってはまたできます。新しいニキビとニキビの跡で、顔全体が全体的に黒ずんでいる感じ。新しいニキビを予防しながら、美白コスメでニキビ跡をなんとか消したいと思っています。以前美白クリームを使用したとき、翌日の肌の調子がとても良く、ニキビも小さくなって、かつ新しいニキビもできにくくなった記憶が。美白モノでニキビ予防の効果もあるものってあるのでしょうか?そういう効果がありそうなコスメがあれば是非教えてください。効果的なニキビ跡の消し方もお願いします!

A:そらくビタミンC配合の美白化粧品ではないでしょうか。 現在、多くの皮膚科の先生がビタミンCでのニキビ治療を試みています。その結果も良いと聞いています。ただ、ニキビが再発をし続けている場合は、自分で勝手に判断しないで、きちんと皮膚科の先生に診てもらった方が良いのです。化粧品はあくまでも化粧品で薬ではありません。もちろん、ビタミンC配合の化粧品でニキビも治まる程度なら、使い続けて良いでしょうし、ニキビ跡も薄くなり、いずれは消えるはずです。また、美白商品でも、ニキビのできやすい肌用や、毛穴ケア用を兼ねた化粧品もあります。でも大切なことは、なかなか良くならない時は、ためらわず医師の診断を受けることと、その時に化粧品の使用についても相談しておくことでしょう。

Q:きてしまったニキビを跡を残さないように直すにはどうすればよいですか?

A:にかくこじらせないことにつきます。やたら手で触らず、無理してつぶそうと しないことです。スポット的に使うニキビ用の医薬品や化粧品を使うと、ひどくならず、痛がゆい感覚もなく、こじれるのを防ぐのでいいでしょう。また、どうしても 大きくなってしまったら、皮膚科に見てもらうこと。不幸にしてニキビ跡が出来て しまったら、現在では、外科的にも治す方法はあると言うことです。でも、その場合は やはり、治療経験が多い病院が良いでしょう。

Q:ニキビがずっと治らないと思ってたら、赤い跡になっていました。どうやったら治りますか?やっぱり隠すしかないんでしょうか?

A:い跡は、次第に茶色を帯びて、薄くなり、消えるはずですので心配はいりません。ただ気をつけることは紫外線です。メラニン沈着を起こしやすいので、そう言う意味で、外出時にはUVカット機能のあるファンデーションをつけて下さい。もし、赤い跡が真っ赤な状態なら、それは毛細血管が拡張して出来る色素斑なので普通のお手入れではなおりません。皮膚科医に相談してみて下さい。レーザー療法などで消すことは可能です。

Q:が乾燥してるのに、大きなにきびがぽつんぽつんとできます。顔全体にできるわけじゃないですけど、同じ所に何回も繰り返しできたり、できると赤く化膿します。アクネ用の化粧品を使った方が良いでしょうか?

A:のようなタイプの人はアクネ用の若者ラインの物だと、なおさら乾燥が進む場合が多いです。にきびは疾患なので、やはり一度は皮膚科にかかるのをお勧めします。同じところにできるということは、同じ毛穴に住む雑菌が悪さを繰り返してる可能性が高いです。保湿は化粧水でたっぷり行い、オイルフリーの乳液などで水分の蒸発を防ぐこと。(油分の高いクリームやパックはあまりお勧めできません。)

Q:キビ対策として、知り合いに奨められた化粧水なんですが、「薬用っていうくらいだから良く効くらしいのよ」って言うんです。薬用って薬並みに効果があるってこと?

A:用とは医薬部外品につけられている、いわば慣用的な名前です。だから、医薬品のニキビ用商品とは効能も、使い方も違いますので正確に認識をしてください。薬並みに効果があるだではなく、医薬部外品としての効用があるのです。それからニキビ対策ですが、膿を持っているニキビが多かったり、なかなか直らな かった場合は、皮膚科に行って正しい診断をしてもらい、納得いく説明をしてもらい根気強く治療をした方がいいのです。陥没タイプのニキビ跡になってしまうと大変です。軽いニキビなら、ニキビ用の医薬部外品を使い、正しい洗顔と食生活などに気をつければいいでしょう。

Q:ごや頬、鼻、額など、できる部位によってニキビができる理由って違うのでしょうか?

A:キビの出来る部位は、皮脂の分泌量の違いやホルモンの感受性が部位によって違うためだと言われています。けっして、ニキビの出来た部位から体調や病気など判断は出来ませんから、ニキビの部位と病気の関係は、巷で言われている噂だと思います。ただ、洗顔料のすすぎ不十分な時にはフェイスラインに出来る傾向があり、前髪がかかる額には出来やすいという傾向があります。そのような外的な原因によって部位による違いもでます。つまり、生活習慣、癖などからニキビが出来ることがありますので、部位による違いもニキビを防ぐ方法を見つける決め手になることも多いのです。

Q:理前にできるニキビも大人のニキビなのでしょうか?また、生理前にニキビができないよう未然に防ぐにはどうすればよいのでしょう?

A:人のニキビは定義がまだ十分されていないので、いわゆる一般的に20歳を過ぎて ニキビが出来た場合を言うとすれば、この場合も生理前に増えたり悪化します。これを防ぐには 清潔にし、さわりすぎないこと。どうしても、多くて困る場合には、皮膚科に相談 すること。あと、本人ほど周りは気にしていませんので、おおらかな気持ちになる ことも重要です。



<日焼け止めクリームの塗り方のコツ>

紫外線の中にはA波、B波という種類があります。SPFは日焼けの原因となる、B波、PAは肌の老化につながるA波の防止効果を表す表示です。これは紫外線防止化粧品をつけていた場合に、何もつけてないときと比べて日焼けをするまでにどのくらいの時間がかかるかを示したものです。数値が高いほど防止効果が高いと言えます。日常生活ではSPF10程度、PA+のもので十分です。スポーツやレジャーではSPF20以上、PA++以上を使うと良いでしょう。ただし、汗をかいたりすると効果が薄れてきますので、2-3時間おきにつけ直すようにしましょう。

日焼け止めクリームに配合されている紫外線錯乱剤は肌の表面で受ける紫外線を乱反射させて逃し肌内部へ浸透するのを防ぐもので、主に白色の粉全体でできています。塗ったときに肌が白く見えるのは、この粉体の白さが反射するためです。従来品と比較してかなり白色が目立たなくなっておりますが、まったく透明になりません。紫外線を十分に防御するためには、多少白っぽく見えることもやむを得ないとしてお使いになるとよいでしょう。

ひどく日焼けをした場合は、真っ先に水やぬれたタオルでほてりをしずめてください。その後、しばらくは化粧品を使わないようにしましょう。特に日焼け直後のメイクアップやマッサージパックは肌に刺激を与えてるため、お化粧は日焼けの症状が一応おさまってから徐々に始めるようにしましょう。